シマノシューズ(SHR260)ロードバイクカスタムフィットをインプレ

11-0994-BLK-ANGLE

「なんだこのピッタリ感!」

これがカスタムフィットの力か…

 

シマノのロードバイク用シューズ

SPD-SLは廉価版~高級モデルまで

さまざまなラインナップがありますが、

2015年モデルの場合は

SH-R321、260がカスタムフィット対応です。

 

以前、↓の記事でも書きましたが

シマノシューズ幅広(ワイド)フィッティング」

 

サイズはピッタリだけど幅が合わない人のために

ワイドモデルと言うのをシマノは出してます。

 

ただこれでも既製品ですよね?

 

そんなロードバイクシューズの中でも

ぺダリングの際に重要となるソールの部分を

あなたの足型に合わせて成形するのが

カスタムフィットになります。

 

既製品と言う点は同じですが

ソールだけは自分の足型に合わせるので

セミオーダーみたいなイメージでしょうか(笑)

 

そんなシマノロードバイク用シューズから

SH-R260のインプレをします。


スポンサードリンク


 スペック

まずは簡単な仕様について書きます。

 

・価格 約28000円
・重量 469g
・サイズ 36~48(22.5~30.5cm対応)
・色 白、黒
・ソール カーボンファイバー
・カスタムフィット対応

ちなみにカスタムフィットは

取扱い店で買わないとダメで

ネット通販で購入して自分でやるのはNGです。

 

ただシマノいわく

熱成形をしなくても問題ないそうです、

まあシマノに限らずほとんどのメーカーは

シューズの熱成形なんてしないわけですからね。

 

ちなみにSH-R260は上から2番目のモデル

トップグレードにSHR321がありますが、

定価で1万円以上高くなるので

カスタムフィットを試したいだけなら

260の方が良いんじゃないかな~と(汗)

 

カスタムフィット

詳しいウンチクが知りたい方は

シマノ公式カタログとかを見てもらうとして、

ザックリと書くと以下のような流れでした。


スポンサードリンク


 

SHR260のインソールを取り出し加熱

インソールをシューズにインスコして履く

今度はシューズを加熱し、もう一度履く

袋に入れて掃除機のように空気を吸い込む

完成

 

まあ鉄みたいな感じで

熱して冷やしたら形が記憶されるわけです。

 

これで世界に一つしかない

あなただけのカスタムフィットシューズ

手に入るというわけですね~

 

インプレ評価レビュー

ロードバイク用シューズのインプレは

どうしても過去に履いてたお古との

比較になるのがネックですね(汗)

 

ホールド感、ソールの剛性と言うか

硬さもベリーグッドでした。

 

まあこのあたりはSH-R260が良いからか

前に使ってたシューズがボロボロだからか

なんとも言えないんですけどね(汗)

 

フィット感は今までのシューズよりも

断然良いな~と感じました、

流石はカスタムフィットと言う感じです。

 

合わないロードバイク用シューズだと

ロングライドで指が痛くなったり

痺れてきたりするのですが、

そう言うのは全くなかったです。

 

重量面で言うとシマノは重いほうで

MAVICコスミックアルチメイト、ヒュエズ

GIROエンパイアACC、SLXなど

他メーカーの方が軽量モデルが多いです。

 

ただ軽量モデルは

そのぶん犠牲にしてるモノもあり、

丈夫さと言う意味では劣るので、

決戦用以外では使えたもんじゃありません。

 

1足のシューズを1~2年とか長く使うなら

重量だけを見て靴選びはしない方が

無難かな~と感じますね(汗)

 

長く使うならあり

シマノカスタムフィットモデルは

熱成形により自分の足とピッタリ合うので

ロングライドなどで足が痛くなる方には

特におすすめ出来ますね~

 

ほとんどのメーカーが1万円台の

シューズをラインナップしており、

価格面でみるとカスタムフィット対応の

SHR260、321は安い買い物ではありません。

 

ただ熱成形で自分の足に

フィットするシューズを作れるのは強いので、

物持ちが良い人はありかな~と。

 

まあもう少ししたら2016年モデルが出るので

それを待ってから買い替えるのが賢いです(笑)


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ