OGKカブトのリガス2はキノコにならない自転車ヘルメット

OGKヘルメット

キノコにならない自転車ヘルメットはOGK

 

ロードバイク用のヘルメットは

OGKカブトの他にもMET、BELL、

BBB、ジロ、ボントレガーなどなど

色々なメーカーから発売されてます。

 

ただ外国メーカーのヘルメットは

外人の顔の大きさに合わせてるので

日本人が装着するとイマイチです。

 

致命的なのがキノコと言われる現象

顔の上にヘルメットが乗ることで

キノコみたいに見えることを言います(汗)

 

カタログにある外国人の写真を見ると

めちゃくちゃカッコイイのですが

自分が装着すると「アレ?ダサい…」

と言うことはけっこうあります。

 

ヘルメットをかぶったことがない

初心者の方にも分かるように言うと、

モデルが来てるファッションを

自分がしても似合わないみたいな(汗)

 

ただOGKカブトのヘルメットは

日本人向けなのでキノコになりやすい!

このように言われることが多いので紹介します。


スポンサードリンク


リガス2のスペック

OGKカブトのヘルメットはピンキリで

学生が使うような通学用のモノから

おしゃれなデザインのモノもあります。

 

ただ当サイトはロードバイクブログなので

そちらにスポットライトを当てますと、

下はフィーゴ(6800円)~ゼナード(29000円)と

グレードによって価格差があります。

 

上位モデルほど安全性を確保しつつ

軽量になることが多いのですが、

値段の兼ね合いもあって中間の

リガス2(13500円)が人気です。

 

【リガス2】

・価格 1万3500円(税抜き)
・重量 Sが225g MとLが250g
・規格 JCF公認
・カラー 9色

 

ハイエンドモデルのゼナードは

Mで205g、Lで225gなので

どうしても重量は重くなりますが


スポンサードリンク


価格差を考えるとリガス2ですね。

 

人によっては軽いヘルメットにしないと

ロングライドで首が痛くなる人もおり

軽量に越したことはないんですが、

ヘルメットに税込み3万円以上はキツイよな…

 

それだったらポジション調整

首を鍛えた方が良い気もします(笑)

 

キノコになるか?

自転車用ヘルメットをかぶった時に

キノコになるかどうかと言われると

なることはなるんですよね(汗)

 

コレは顔の形にもよりますが

小顔じゃない限りは絶対なります

ただOGKカブトだとマシって話で(笑)

 

私の顔の形の場合はベル、GIROより

OGKカブトのヘルメットの方が

キノコにならない印象でした。

 

顔の形は人によって違うので

自転車店にいって鏡をみながら

自分に合うヘルメットを探した方が良いです。

 

サイズは調整できるので

頭が痛くなることはないでしょうが、

試着せずにネット通販で買うのは

リスクが高いかな~と感じますね。

 

サイコン、ライト、バッグのように

試着もクソもないグッズは良いのですが、

ヘルメット、ウェア、シューズ等は

ネット通販で買うと詰みます。

 

返品できないところもありますし

仮にできたとしても輸送がダルイので

事前にフィッティングして買いましょう。

 

かぶったら人には見えない

人によってはヘルメットは

かぶってしまえば自分には見えないので

キノコだろうが気にする必要はない。

 

このようなことを言う人もいますが

私自身としてはやっぱり気になります(汗)

 

アニメの絵が描いた痛ジャージとか

着たら背中のプリントは見えませんが、

わりと過激なやつだったら

恥ずかしいじゃないですか?

 

あれと同じで見えてなくても

恥ずかしいものは恥ずかしいみたいな。

 

なのでOGKカブトに限らずに

自転車店にあるメーカーの物は

全部試着するくらいの気持ちで

かぶってみることをおススメします。

 

実際にかぶらないと装着感

キノコになるかどうかは分からないので。

 

店員さんがきたら適当に話して

検討しますとか言って帰ればOKです、

その後プロショップで買うか

ネット通販で安く買うかはお任せってことで(笑)


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ