自転車ライト点滅用キャットアイHL-EL120はロードバイクだと暗い?

HL-EL120

これが一番安いから買おう!

 

キャットアイの自転車ライトの中でも

一番安いのがHL-EL120です。

 

猫目メーカーは人気が高いので

サイクルベースあさひ、イオンサイクルのような

大型自転車量販店にも置いてることが多く、

ママチャリ専門店でも見かけます。

 

私自身がそうだったんですが

スポーツ自転車を初めて購入した時って

今ほどライトを重要視してないと言いますか…

 

ママチャリだと未だに無灯火もいますし

とりあえず付いてたら良いくらいに思ってた

時代が私にもありました(汗)

 

またクロスバイク、ロードなどを

買う時ってお金がガツンと飛びますし、

空気入れ、鍵など他にも購入する物があるので

自転車ライトにまでお金が回らず

安いモノを買ってしまいがちです。

 

ただキャットアイHL-EL120は

ロードバイク用としては暗すぎて

使いものにならないので注意です(汗)


スポンサードリンク


補助ライトと公式にも書いてる

キャットアイHL-EL120のスペックは

以下の通りで道路交通法の明るさの

基準を満たしてないと公式HPに書いてます。

 

じゃあなんでそんなものを売ってるのかと言うと

補助灯限定として使ってくれとの事です。

 

・価格 1980円
・重量 98g
・ライト LEDホワイト
・使用電池 単三2本
・時間 点灯80、点滅320時間
・明るさ 50カンデラ


スポンサードリンク


 

カンデラをルーメンに変換計算する場合

照射角が分からないとダメなので

具体的になんルーメンか出せませんが、

仮に50カンデラで照射角50度だと

30ルーメンとなるの超暗いです。

 

まあ具体的なルーメンは分かりませんが

キャットアイ公式ホームページで

補助灯として使うように書いてるだけあって

暗いと言うのが本音になります。

 

安さで選んでしまう

ただ冒頭で書いた通り

自転車ライト売り場をみたとき

安いからと言う理由でHL-EL120を

選んでしまう人はいるでしょうね~

 

実際、ママチャリでは無灯火も多いし

このライトでもないよりはマシと

感じる人はいるでしょうから。

 

まあ実際、売れてるからキャットアイも

商品ラインナップに残してるわけですし。

 

ただママチャリでも暗いレベルで

それよりもスピードが速いクロス

ロードバイクだったら使いものにならないので、

下手にケチらずに良いモノを買いましょう。

 

ちなみに点滅モードなら

単三電池で320時間持つので

道路を照らすのは別のライトを使い、

点滅はHL-EL120と言うのもありです。

 

ハイエンドモデルのHL-EL540、340

ボルト1200、700、300等では

点滅で320時間も使えませんので。

 

とりあえずメインライトとしては

暗いから厳しいのでママチャリ乗りでも

安いからと言う理由で買うと損するので

最低でも1~2ランク上のライトにしましょう。

⇒自転車ライト記事の一覧はこちら

 


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ