セラサンマルココンコールライトのインプレ、痛い自転車サドルだった

セラサンマルココンコールライト

硬いとは聞いてましたがこんなに

ガチガチで痛くなるとは…ビックリ

 

セライタリア、セラサンマルコは

人気メーカーのサドルですが

お尻に合わないと言うひとも多いです。

 

セラサンマルコにはアスピデ、エラ

コンコール、マントラ、リーガルeが

ラインナップされています。

 

その中で今回インプレするのは

セラサンマルココンコールライトです。


スポンサードリンク


予想以上に硬い

ママチャリに慣れてる人が

ロードバイクに乗った時に

一番驚くのはサドルの硬さです。

 

硬いと衝撃吸収性は下がりますが

ぺダリングによるパワーロスが減り、

力をダイレクトに伝えれるので

速く走ることが出来るんですよね~

 

なのでレース用のロードバイクサドルは

薄くて軽い、でも硬いモノが多いです。

 

それでセラサンマルコの

コンコールライトは硬い方で

覚悟は出来てたのですが案の定

「ガッチガチやぞ」と言う感じでした(笑)

 

 

個人的には柔らかすぎると

クッション性が高すぎて漕ぎにくい、

かと言って硬すぎるとロングライドで

お尻が痛くなって悲鳴を上げる。

 

なのでほど良い硬さのサドル

中の中、中の上くらいのランクが

お尻にも走りにもフィットします。

 

ちなみにセラサンマルコ

コンコールライトは友人の自転車に

ついてただけで私は買ってません、

硬いと言うだけでビビッてしまうので(汗)

 

しっくりポイントを見つけられず

ロードバイクのサドルは座面が

フラットになっておりどこでも

好きな場所に座れるタイプ、

若干反り返っており座る場所


スポンサードリンク


ある程度、固定されてるモノがあります。

 

例えばフィジークアリオネは

座面が固定されてないタイプですし、

スペシャライズドのトゥーペも

座る場所を変えれるタイプになります。

 

スペシャライズドサドル

toupe(トゥーペプロ)2015インプレ

 

 

これがフィジークアリアンテ

スペシャライズドローミンなどは

座る場所があるていど固定されてます。

 

セラサンマルコのコンコールライト

後者の座る場所があるていど固定されており

そのポイントを見つけれないと痛いです。

 

このしっくりするポイントを

見つけれると漕ぎやすいのですが、

少し乗せてもらっただけなので見つけれず

硬い、痛いとインプレ評価になりました(汗

 

買うのはさすがに…遠慮します

セラサンマルココンコールライトを

ちゃんと購入してガッツリ乗れば

また違ったインプレになるんでしょうけど、

ロングライドを考えたら怖いですね~

 

レース志向の人もいれば

ロングライド志向の人もいるわけで、

走りを考えたらサドルの乗り心地なんて

どうでも良いと言う人がいる反面、

お尻が痛いのはイヤだから衝撃吸収性は

大切だよね~と言う人もいるわけです。

 

私はどちらかと言うと後者ですし

休日にボチボチとロードバイクで

サイクリングを楽しむって人は

手を出さない方が良いサドルかな~と。

 

サドル交換は自分でも出来る

簡単な部類のメンテナンスですが、

お尻に合わなかった時にサドルの

行き場がなくて困るんですよね…

 

まあヤフオクで売れば良いのでしょうが

それもメンドクサイですからね(汗)

 

走行重視派の人でセラサンマルコが

好きと言う人にはおススメかもですが、

ロングライド派の人は止めておきましょう~


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ