モンベルサイクルツーリングニッカのインプレ評価レビュー

モンベル

レーパンみたいに恥ずかしくない!

 

モンベルサイクルウェアは

見た目がふつうなので街乗りでも

恥ずかしくないので人気があります。

 

ピッタリサイクリングジャージ

男を主張するレーパンも慣れたら

どうってことはない人が多いですが、

初めて恥ずかしいと言うあなたの

気持ちは私にも分かりますよ~

 

まあ水着で街中を走るようなモノですから

周りの目が痛いのは事実です(笑)

 

モンベルならレーパンみたいに恥ずかしくない

今回は上の記事の続きと言うことで

サイクルツーリングニッカの

インプレを書きますね~


スポンサードリンク


スペック

先ほどの記事で色々と書いてますが

いちおうザックリとスペックを書きます。

 

・価格 8800円
・カラー 黒、ベージュ
・重量 309g
・サイズ S、M、L、XL
・パッドあり

 

早い話が見た目は七分丈ズボン

だけどレーパンのような感じで

中にパッドがついてるイメージです。

 

 

重量、空気抵抗については

深く考えるまでもなくレーパン有利です。

 

ただユニクロなどで売ってる

ふつうの七分丈よりは良いかも、

なんだかんだ言っても自転車用なので

伸縮性、ベンチレーションなど

考えた作りになってますし。

 

またポケットにファスナーがあるので

中身が飛び出ないのもグッドです。

 

休日にガチで走る時はサドルバッグですが

自転車通勤、買い物などで乗る時は

鍵、スマホなどをポケットに入れて

走る人もいるでしょうからコレは嬉しい。

 

クロス・ロードバイク初心者の方は

ズボンのポケットから物が落ちるなんて

ないと思うかもしれませんが、

段差などで自転車が跳ねた時に

スマホが落下して液晶が割れた

と言う話も聞きますからね…

 

 

気になるパッドですが

アソス、パールイズミと比較して


スポンサードリンク


やや薄いように感じられました。

 

またサイクルツーリングニッカの

3Dパッドは着脱式になっており、

街乗りなどの場合は外せるのが

一つのウリになっています。

 

ただそのせいでダンシングすると

パッドとズボンに空間が出来るのか

ドチャッと座ると微妙にズレる気が…

 

丁寧に座れよって声もありそうですが、

ダンシングするのってスタート時か

キツイ登り坂なわけですよね?

 

ハアハア、ゼエゼエ言ってるわけで

その状態でパッドのズレを気にして

丁寧にゆっくりと腰を下ろすのは

出来なくもないけど…邪魔くさいですね。

 

実際、疲れてると細かいことは

どうでも良くなりますし(汗)

 

この点レーパンはパッドが

縫い付けてあるのでズレませんし、

お尻の痛みと言う点でも有利です。

 

ただふつうのズボンに比べると

パッドがあるのでかなり楽です。

 

どうしてもレーパンと比較しちゃいますが

モンベルのズボンを検討する人は

ふつうの衣料メーカーの物と比べて

どうなのか知りたいと思いますし。

 

恥ずかしさゼロ

見た目はふつうの七分丈ズボンなので

レーパンみたいな恥ずかしさは0

当然ですがもっこりしません(笑)

 

なので買い物、自転車通勤では

サイクルツーリングニッカが良いですね。

 

コンビニ、吉野家くらいなら

レーパンでも気にせず入れますが、

電車、新幹線輪行は恥ずかしいですし、

ふつうにショッピングとか無理です。

 

レーパンでデパートを歩いてたら

「お客様?」って声をかけられそうですし(笑)

 

いや、まあ行かないでしょうけどね(笑)

 

中間的なポジション

走行性能を考えたらレーパンですが

恥ずかしいならモンベルのズボンで

ワンショック置くのが良いかと。

 

ロードバイク>クロス>ママチャリ

自転車のグレードは上のようになり、

ズボンだと以下のようなイメージです。

 

レーパン>モンベルのズボン>普段着

 

つまり一足飛びに普段着から

レーパンは恥ずかしくて抵抗がある、

そう言う人がワンショックおくための

パッド付きズボンみたいな感じですね。

 

モンベルは機能面、ブランドも十分なので

正規店、オンラインショップもあるので

気になる方は探してみてください。


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ