自転車ロングライドはミシュランPRO4エンデュランスV2、コンチネンタルGP4000S2

GP4000S2

ロードバイクでロングライドするなら

おススメのタイヤはコレで決まりや!

 

みたいな感じで前回記事を書きましたが

ウンチクが長くなったので続きを書きます。

⇒自転車ロングライドタイヤのおすすめ

 

前回の記事を読んでない方のために書くと

耐パンク性、重量が大切な要素で

衝撃吸収性、グリップは次点でした。

 

それでおススメのタイヤとしては

ミシュランPRO4エンデュランスV2

コンチネンタルGP4000S2です。

 

どちらもド定番なタイヤですが

やはり高性能なので人気となります。

 


スポンサードリンク


PRO4は空気圧がすくなくできる

ミシュランPRO4エンデュランスV2は

コンチネンタルGP4000S2よりも

20g重い245gとなりますが

耐久性、乗り心地、グリップも良いので

トータル的にはとても良いタイヤです。

 

またロードバイクタイヤは

推奨空気圧が7BAR以上が多いですが

ミシュランPRO4エンデュランスV2は

6~8BARなので低くできるのも強いです。

 

ちなみにタイヤの推奨空気圧は

以下の記事で書いてます。

⇒空気圧の適正は何bar、psi?

 

ちなみに空気圧を減らすと

乗り心地は良くなりますよ~

 

ベストセラータイヤ

コンチネンタルGP4000S2は

2が付く前から超絶人気タイヤで

価格、性能のバランスが良いので

昔から人気があるタイヤです。

 

なのでこだわりがないなら

コンチネンタルGP4000S2を使えば

ロングライドは安泰と言えます。

 

ふつうロードバイクのタイヤは

5000キロに1回交換するのが基本

耐久性がないモデルの場合は

3~4000キロ以下でもパンク

ガンガン出たりします(汗)

 

特にロードバイク完成車の

メーカー純正タイヤはクソなので

交換することをおすすめしますし、

ロングライドに行くなら事前に

交換しないとパンク祭りで

大騒ぎになるので注意です(笑)

 

ロングライド用に交換する?

レース志向の人は普段用と

決戦用ホイールを分けています。


スポンサードリンク


 

なのでホイールが余ってるか

金銭的に余裕がある人なら

ロングライド用を作っても良いですが、

ほとんどの人は無理だと思います。

 

なので普段用ホイールで

そのままロングライドに行く人が

ほとんどだと思うんですよ。

 

本腰を入れるならロングライド前に

新品のタイヤに交換すれば

まずパンクしないので安心です。

 

ただメンドクサイですし

そこまでやる人は少数派で

基本的には普段使ってるホイール、

タイヤで走ることになります。

 

そう考えると普段使いも出来て

かつコスパに優れてるタイヤ

選ぶようにした方が良いです。

 

そのあたりも考えて…

つまり普段使いも考えての

コンチネンタルGP4000S2

ミシュランPRO4エンデュランスV2です。

 

タイヤは定番でも問題なし

クロスバイクジャイアント

EscapeR3は定番すぎて

かぶるから嫌って人がいますが、

ロードバイク用タイヤは

他人とかぶっても問題ないです。

 

どのメーカーのタイヤも黒色で

横に刻印された名前が違うだけなので

他人と差別化をする必要もありません。

 

なので完成車についてる純正タイヤを

未だにつかってる人は試しに

GP4000S2を買ってみましょう。

 

ド定番なだけで一度使っておけば

比較をやってる記事も多いので

自分の中で基準を作れます。

 

そうするとGP4000S2と比較して

衝撃吸収性が良い、グリップが悪い

パンクしやすいなどなど分かるので

次からのタイヤ選びが楽になります。

 

これが完成車の純正タイヤだと

検索しても書いてる人がいないので

ロングライド用のタイヤを探そうにも

今のタイヤがどのレベルなのか

サッパリ分からなくて困るんですよ。

 

なのでまずは定番の

ロングライド用のタイヤを買って

長距離を自転車で走りましょう~

ミシュランPRO4エンデュランスV2インプレ


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ