ロードバイクタイヤミシュランPRO4サービスクルスV2インプレ

ミシュランPRO4

ド定番だけにおすすめ出来る自転車タイヤ!

 

ロードバイクのパーツ、グッズは

各メーカーから色々な種類が発売されてますが

コンチネンタルGP4000S、ミシュランPRO4は

根強い人気がある自転車タイヤです。

 

他のパーツ人によってアレが良い

コレが良いとバラツキが出ますが

タイヤは定番が出るほどみんなの意見が

一致してると言うことはそれだけ

満足度が高いということになります。

 

そんなミシュランPRO4の中でも

特に人気が高いサービスクルスV2の

インプレ評価レビューを書きます。


スポンサードリンク


スペック

それでは簡単な製品紹介をしますね~

 

・価格 約8000円(アマゾンだと5000円以下)
・重量 約200g
・サイズ 700×23、25
・適正空気圧 6~8BAR

 

コンチネンタルGP4000S2もですが

ミシュランPRO4サービスクルスV2も

 アマゾンだと安く買えます

 

タイヤは自分でも交換できるので

ネット通販で買うのが鉄板ですね。

 

重量的にも軽く、タイヤ適正空気圧が

7BAR以上と言うモノもあるなか

6BARからOKと言うのも嬉しいです。

 

適正空気圧7barのロードバイク用タイヤを

6BARで乗れないこともないですが

パンクが心配になりますからね(汗)

 

なんかいけないことをやってるような

罪悪感みたいなモノもありますし、

そう考えるとカタログでOKとなってる

ミシュランPRO4サービスクルスV2は

6BARから使えるのは嬉しいですね。

 

インプレ評価

ミシュランPRO4サービスクルスV2で

ロードバイクに乗ってみたいと思います。

 

自転車にまたがりペダルを漕いでみると

「おっ!」と気付くレベルで漕ぎ出しが

スッゲエ軽いことが分かりました。

 

表面処理、ゴムの質とかもあるでしょうが

700×23Cで200gと言う軽量さも

影響してるんじゃないかな~と。

 

ヒルクライム用タイヤなら

190g以下もふつうにありますが、

ロングライド対応のタイヤで

この軽さは驚きとしか言えません。

 

・エンデュランス
・サービスクルス
・コンプサービスクルス
・コンプリミテッド

 

上に行くほどロングライド向け

下にいくほどレース向けですが、

PRO4サービスクルスV2は

どちらかと言うとロングライド寄りで


スポンサードリンク


200gと言う軽さですから衝撃です。

 

耐パンク性はやや悪い

これはPRO3の時から言われてましたが

サイドカットにやや弱いように感じます。

 

PRO4になってから、さらにV2になって

耐パンク性能はガンガン上がってますが

コンチネンタルGP4000S2より

パンクしやすいと言う声があります。

 

あちらのタイヤなら5000キロ以上

無理して使ってもノーパンクですが、

こちらだと5000キロ使うのは

厳しいかな~と感じますね。

 

タイヤの減りが早いように感じるので

私は3~4000キロで交換してます。

 

新品おろしたて、1~2000キロなら

ロングライドでもパンクせずに行けますが、

3000キロ超えた状態で大切なロングだと

交換してから臨んだ方が良いかな~と。

 

グリップ、乗り心地が良い

ドライな路面でのグリップは良く

ダウンヒルだと分かるレベルで

他メーカーのタイヤより効きます。

 

なのでコーナーリングの安定性があり

どうしても山道も走ることになる

ロングライドでは強い味方です。

 

ウェットな路面だとドライに比べ

どうしてもグリップ性能は下がりますが

これはGP4000S2でも同じですから、

雨天走行のグリップ性能を求めるなら

雨用のタイヤに交換するのが鉄則です。

 

開発された用途が違いますからね、

ココでどうこう言っても仕方ないです(汗)

 

 

衝撃吸収性が高く乗り心地が良いのも

ロングライドで人気の秘密です。

 

コンチネンタルGP4000S2も良いですが

ミシュランPRO4サービスクルスV2の方が

良いような感じはするんですよね~

 

ロングライドだと距離が長くなるぶん

疲れを考えると衝撃吸収性は大切なので

この要素も大切にしたいところです。

 

まとめ

ミシュランPRO4サービスクルスV2は

走行性能と言う点ではピカイチです。

 

ただ耐パンク性は過信しない方が良いです、

人によっては5000キロ以上走って

パンク0だったと言う人もいますが、

どうしても運的な要素も入ってくるので

手堅くいくなら3000キロを超えたあたりで

「そろそろ交換時期だな~」と思ったほうが

ロングライドでは安心して走れます。

 

どうしてもタイヤは軽量化すれば

耐久性は犠牲になりますし、

耐パンク性を上げまくると

ゴムが増えるので重たくなります。

 

このあたりのバランスを考えた時

コンチネンタルGP4000S2

ミシュランPRO4サービスクルスV2は

総合得点が高いから人気なんだろうな~と。

 

良いタイヤですし使ってる人も多いので

ボーダーラインを決める意味でも

自転車仲間の話についていくためにも

一度は使った方が良いタイヤですね~

PRO4エンデュランスV2インプレ


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ