トレック2016年モデルマドン9.9の重量と価格とアイオロス5

トレックマドン9.9

エアロロード最高---!!

 

かどうかは分かりませんでしたが

トレック2016年モデルの試乗をしたので

インプレ評価を書きたいと思います(笑)

 

数年前はトレックのラインナップは

マドン2、3、4、5、6…って感じで

数字が大きくなるほど上位でした。

 

そこから長距離向けのドマーネが登場

いまではエモンダも登場して

マドンはエアロロードと言う

カテゴリのロードバイクになりました。

 

エアロロードと言うと空気抵抗が

少なくなるように設計されてるので

ツールドフランスの個人TTなどで

みかけるようなロードバイクですが、

 

我々アマチュアが普段使いする場合は

どうかな~と個人的には思いますが、

試乗するだけなら無料ですので(笑)


スポンサードリンク


スペックや価格、重量

それではまずはマドン9.9完成車の

簡単なスペックを書きますね~

 

・価格 145万円
・重量 約7.2キロ
・サイズ 50~62まで2m刻み
・カラー ブラック
・コンポ シマノ電動デュラエース

 

145万円と言う価格ですがさらに

上にレースショップリミテッド(RSL)が

完成車で165万円で販売されてますので

手頃な価格ではないでしょうか(白目)

 

なんでこんなに値段が高いのかと言うと

高級モデルだからというものありますが、

コンポがシマノデュラエースDi2

言うのも大きいんじゃないかな~と。

 

通常の機械式9000系も高いですが

電動コンポになるとまた価格が

ポンと跳ねあがりますからね…


スポンサードリンク


 

ちなみにフレームセットは55万

マドン9.5が完成車で82万

9.2が65万と言う価格になってます。

 

トレックマドン9シリーズに

乗りたいけど金がない人は9.2か

フレームセットを購入して

今のロードバイクからパーツを

乗せかえるのが良いかな~と。

 

重量重くね?

完成車重量が7.2キロと言うことで

フラグシップモデルにしては重く、

6キロ台に突入はしていませんが

完成車のホイールがボントレガーの

アイオロス5TLRなので軽量化の

余地はあるんじゃないかと思いました。

 

なのでアイオロスTLRを調べました。

 

・クリンチャー 34万円 1440g
・チューブラ 30万6000円 1295g
・ディスク仕様 34万 1560g

 

ボントレガーホイールなめてました(汗)

 

思った以上に軽い&高いホイールなので

そこまで軽量化は出来そうにないですね、

と言いますか145万円も払ったあとに

さらにパーツ交換するとか死ねます(笑)

 

それにエアロロードはシートポスト

ハンドルなど他のパーツもちゃんと

空気抵抗を考えて設計されてるので

下手に交換したら意味がないですし。

 

トレック2016年モデルのマドン9.9は

エアロロードなので軽量化を目指すなら

エモンダがありますからね~

エモンダSLRは完成車重量が

5キロ以下の世界最軽量ですし。

 

そう考えたらマドン9シリーズに

軽量化を求めると言うこと自体が

無粋というものかもしれませんね(汗)

 

 

こんな感じでトレック2016年モデル

マドン9.9の価格、重量など書きました。

 

インプレも書こうと思いましたが

ココから書くと長くなりそうなので

続きの記事で書かせてもらいます。

⇒トレックマドン9.9インプレ評価

 

続きの記事も是非読んでくださいね!


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ