ビアンキロードバイク2016年モデル一覧と価格まとめ!自転車

ビアンキ 2016

ビアンキの公式HP分かりにくい!

 

写真のようなチェレステカラーで

人気のロードバイクメーカービアンキの

自転車が気になるそこのあなた、

私もそんな一人で公式ホームページを

見に行ったのですが分かりにくい…

 

例えばオルトレXR2だけでも

6種類も写真が載っててパッと見て

直感的に分からないんですよね(汗)

 

デュラエースDi2、スーパーレコードEPS

みたいな感じでコンポ別に一覧で写真があり

パッと見ると理解しずらい作りです、

しかも一つずつクリックしないと

価格が分からないのでメンドクサイ…

 

ロードバイク歴が長い人だったら

小さい字で書いてるコンポを見て

「コンポ別に全部載せてるのか」と

分かると思うんですけど、

初心者さんが見たらサッパリ。

 

同じ自転車名なのに何個も写真があるの?

こんな感じになりかねません(汗)

 

ロードバイクは中高年の人が

健康のために始めるケースも多く

あの文字サイズじゃ老眼で読めないかも…

 

そこでビアンキロードバイク2016の

グレード別一覧をまとめてみました~


スポンサードリンク


レース志向?ロングライド志向

前に書きましたがロードバイクは

レース寄りの走行性能重視モデルと

ロングライド(長距離)向けの

乗り心地の良いモデルがあります。

 

衝撃吸収性が良いロードバイクと言うと

走りがイマイチな感じがするでしょうが、

乗り心地+走行性能をバランス良く

ミックスさせてるのがロングライド向けです。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

エンデュランスロードの意味とは?

 

そこでレース向けのモデルと

ロングライド用のエンデュランスの

2パターンで書くことにしますね~

 

走行性能重視モデル

まずはレース向けのタイプを書きます、

ちなみに金額は税抜きとなります。

 

【フルカーボン】

・スペシャリッシマ 約120万円 デュラエース
・オルトレXR2 約83万円 電動アルテグラ
・オルトレXR2 約73万円 デュラエース
・オルトレXR1 約40万円 アルテグラ
・オルトレXR1 約32万円 105
・センプレPRO 約35万円 アルテグラ
・センプレPRO 約28万円 105
・センプレPRO 約24万円 ティアグラ

 

【スカンジウムフレーム】

・フェニーチェPRO 約25万円 105
・フェニーチェエリート 約20万円 105
・フェニーチェスポーツ 約16万円 ティアグラ

 

スぺシャリッシマが最上級モデル

その次がオルトレXR2、次がXR1

そしてセンプレPROと言うラインナップです。

 

ちなみにこれらのグレードは上記以外に


スポンサードリンク


カンパニョーロコンポも選べますが

全部書くと公式HPばりに分かりにくいので

コンパクトにまとめています。

 

 

価格的にオルトレXR1までが現実的で

XR2以上を買える人は少数で、

ミドルクラスのフルカーボンで

走行性能を重視する人はセンプレPRO。

 

フェニーチェはスカンジウム製なので

ロードバイク乗りの99%くらいは

興味がない素材だと思います(笑)

 

主流のロードバイクフレーム素材は

カーボン、アルミ、クロモリなので

ふつうじゃ飽きた人やこだわりが強い人が

スカンジウムを選ぶんじゃないかと。

 

ちなみに私はスカンジウムフレームを

所有したことは一度もありません。

 

エンデュランスロード

次は走行性能と乗り心地を

バランス良く仕上げたタイプです。

 

こちらも先ほどと同じで上位モデルは

カンパニョーロコンポもありますが

日本人はシマノを選ぶ人が多いので

そちらだけをまとめて書いてます。

 

【フルカーボン】

・インフィニートCV 約80万円 デュラエース
・インフィニートCV 約39万円 アルテグラ
・インテンソCV 約25万円 105
・インテンソCV 約21万円 ティアグラ
・インテンソCV 約19万円 ソラ

 

【アルミフレーム+カーボンフォーク】

・インプルーソ 約19万円 105
・インプルーソ 約16万円 ティアグラ
・ヴィア二ローネ7PRO 約17万円 105
・ヴィア二ローネ7PRO 約14万円 ティアグラ
・ヴィア二ローネ7PRO 約12万円 ソラ
・ヴィア二ローネ7PRO 約10万円 クラリス

 

インフィニートCVが上位モデル

フルカーボンのミドルクラスがインテンソCV

アルミ+カーボンの上位がインプルーソ、

エントリーモデルがヴィア二ローネ7です。

 

インプルーソ、ヴィア二ローネ7は

同じアルミ+カーボンフォークですが

アルミの素材が違うのが価格差になります。

 

まあそれを言いますとフルカーボンも

カーボンの質、他パーツの価格差が

完成車の価格の違いになってるわけですが。

 

予算に応じて決める

ロードバイク初心者の方なら

金銭的にもヴィア二ローネ7PROかと。

 

お金を持ってる人でもこれから

ロードバイクを始める方は

金銭感覚がマヒしてないので

ヴィア二ローネ7でも高く感じるはずです。

 

ただ一番安いクラリスはどうかと。

 

ロードバイク乗るならせめて

ソラにして欲しいかな~と思います。

 

105?ティアグラ?ソラ?クラリス?

いったいなんの暗号なんだ!?

 

そんなあなたは以下の記事をどうぞ↓

コンポのグレードによる違いと寿命は?

 

コスパだとジャイアントTCRですが

伝統のチェレステカラーに乗れるのは

ビアンキだけなので価格だけで

ロードバイク選びをしない方が良いかと。

 

ロードバイクの選び方の記事一覧

初心者の方は↑も参考にしてください。

 

それでは良い自転車ライフを!


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ