自転車ロードバイクタイヤの空気圧の適正は何bar、psi?

RACE_Evo2_series_side_B_3

ロードバイクのタイヤ空気圧の適正は?

このような質問をいただいたので回答します。

 

自転車の場合ママチャリ、MTBなどと比べ

クロス、ロードバイクのタイヤの場合は

かなり空気圧が高くなっており、

具体的には「7bar」がベースです。

 

タイヤ メーカー、体重にもよりますが

7BARを基本としてプラスマイナス1以内で

徐々に調節をしていくイメージです。

 

なので6~8BARの間におさまるようにすれば

おかしなことになることはありません。


スポンサードリンク


BARとPSIの違い

ロードバイクの空気圧は

bar、psiの2パターンの表記があり、

メーカーによって書き方が違ったり、

自転車ブログでも人によって

呼び方が違うので覚えておきましょう。

 

・6bar=87psi
・6.5bar=94psi
・7bar=101psi
・7.5bar=109psi
・8bar=116psi
・8.5bar=123psi

 

つまり7bar=約100psiと覚えておき

プラスマイナス15psiの範囲で

調整をすれば6~8BARになります。

 

空気入れによっては両方の表記があったり

片側しかなかったりするので注意ですね~

 

空気圧を上下させたらどうなる?

まずロードバイクのタイヤの空気圧を

上げたらどうなるか考えましょう。

 

抵抗が減るので走りは軽くなる反面

グリップも比例して減ります、

また乗り心地も悪くなります。

 

抵抗が少なくなり走りが軽くなると思って

限界を超えて空気を入れる人がいますが

チューブが破裂する可能性がありますし、

上げただけ抵抗が減るってもんでもないので

9~10気圧まで入れるのはやりすぎです。

 

またタイヤによっては


スポンサードリンク


7気圧が限界という銘柄もあります。

 

 

逆に空気圧を下げた場合は

抵抗が増えますが、グリップは良くなり

乗り心地も良くなります。

 

ただメーカーによっては

推奨空気圧が6BARどころか

最低ラインが7BARと言うのもあり

下げたくても下げれないことがあります。

 

まあ誰かに監視されてるわけではないので

自己判断で推奨空気圧よりも

少なくすることは出来るのですが、

減らしすぎるとリム打ちパンク

しやすくなるので注意が必要です。

 

ミシュランPRO4などは

6BARでもOKなので低めにしたい人は

タイヤの推奨空気圧をチェックしましょう。

 

体重によって変える

同じロードバイク、タイヤでも

乗る人の体重が重い場合は

そのぶんタイヤが潰れるので

空気圧を高めにします。

 

65キロくらいの人が7BARだとすると

75キロ以上の人は8BARだったり

50キロ台の人は6BARだったりと

体重に合わせて調整します。

 

このあたりを含めて冒頭で説明した

7BARを基準としてプラスマイナス

1以内で調節するってことになります。

 

なのでよく分からないなら

7BARにしておけば明らかに

おかしいことにはならないので

安心して乗ることができます。

 

細かい調節をする人も

マニアックな世界になりますが

人によっては0.1BAR刻み

タイヤ空気圧を上下させて

ベストな数値を出す人もいます。

 

ただ自分の体重が変動すれば

適正空気圧も変わってきますから、

0.1刻みまでやることもないかな~と。

 

プロロード選手とか

アマチュアでもガチでやってる人は

そのくらいやるべきだと思いますが

週末ライダーなら0.5BAR刻みでOKです。

 

 

とりあえず初心者で標準的な体重なら

7BARを基準として7.5、6.5と試して

徐々にベストな数値をさぐるイメージです。

 

ちなみに前後で空気圧を変える人も

多いので研究しがいはあるかと(笑)

 

なにはともあれ極端に低い、高いのは

良くないでやめておきましょうね~


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ