自転車クロスバイクで100キロのロングライドは出来る?

トレック7.2FX

クロスバイクは疲れやすいと言うけど…

 

ロードバイクと違ってクロスバイクは

ハンドルがフラットバーなので

ドロップハンドルよりも肩、腕が痛くなる。

 

重量が重いのでヒルクライムがきつく

足が売り切れてしまいやすい、

アルミで衝撃吸収性が悪く疲れる。

 

などなどロードバイクと比較して

ロングライドがキツイと言われます。

 

結論として100キロ以上の

ロングライドはクロスバイクでも

走れますがキツイのは事実です。

 

エンジン次第と言う名のワナ

自転車ブログなどでよくある表現で

「自転車に乗る人=エンジン」

みたいな感じで言われます。

 

高級ロードバイクでも

エンジンがダメだったら速く走れない、

こんな感じの表現がされます。

 

それでクロスバイク乗りでも

200~300キロ以上走る人はいます。

 

なので100キロくらいの

ロングライドならクロスバイクでも

楽勝みたいな風潮がありますが、

実際にやってみるとキツイです。

 

と言いますか100キロでもキツイって

人はけっこういると思うんですよ、

会社でクロスバイクに乗ってる人と

話をしてる感じだと100キロとか

無理ゲーみたいに言うので。

 

結局はエンジン次第、

つまりその人の実力次第ですので。

 

ガチ勢ばかりではない

ただ自転車ブログを書くような人は

どちらかと言うと好きなので、

 

クロスバイクには乗るけど

運動不足解消、ダイエットのために

20~30キロ走るくらいで

50キロも走ったことがない人はいますし、

100キロなんて凶器の沙汰と感じる

クロスバイク乗りはいます。 

 

クロスバイクを購入する時ならまだしも


スポンサードリンク


定期的に自転車ブログをチェックしてる人は

よほど好きな人になりますからね~

 

当然、自転車ブログを運営してる人

もっと好きな人になってくるので、

色々と他のブログも見に行きます。

 

そうなるとめちゃくちゃ

すごい人のブログがあるので、

クロスバイクで100キロは余裕と

錯覚してしまうのですが

ロードバイクと比べるとキツイのは事実です。

 

休憩をしっかり取れば大丈夫

ココまでビビらせたので

クロスバイクのロングライドは

無理と感じる人もいるかもしれませんが

70~80キロ走ったことがあれば

もうひと頑張りなので走れます。

 

50キロも走ったことがない人が

いきなり100キロ以上のロングライドに

行くのは危険なので止めましょう~

 

なにごとも階段のように徐々に

ステップアップすることが大切です。

 

 

あとは休憩を定期的に入れればOK、

自転車はランニングと比べて

息がハアハアならないので

休憩を取らずに無理しがちですが、

後半に疲れでノックダウンします。

 

なので初めての100キロ超えの

ロングライドの場合は1時間に1回は

強制的に休憩を取るくらいの

気持ちで走った方が良いですね~

 

足が売り切れてへとへとになってから

休憩を入れてもダメなので気を付けましょう。

 

アンパンマンの顔がダメになってからでは

どうしようもないように自転車でも

疲れ切ってから休憩しても治りませんので。

 

先ほど書いたとおり自転車ブログを

見てると100キロ以上の距離を

クロスバイク乗りが休憩なしで

走った記事があります。

 

なので楽勝で走れるとか思うと

痛い目をみるので要注意です(汗)

 

 

ただクロスバイクでの100キロ超え

ロングライドは無理じゃないので、

事前準備、ルート、服装を考えて

当日はペース、休憩などを考えて

計画的に走れば大丈夫です!

 

なのでまずは50キロ、70キロと走り

自信がついたら100キロ超えの

ロングライドをクロスバイクで走りましょう~


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ