自転車携帯ポンプトピーク圧力計付きはターボ・ロードモーフG

携帯ポンプ

パンク修理セットがあっても

空気入れがないと意味ないべ~

 

クロス、ロードバイクの場合は

ママチャリと比べると走行距離が長く、

自転車店がない郊外へ行くことも多いです。

 

なのでパンク修理が出来ないと詰みますし、

いざという時のことを考えると

ロングライドは不安になります。

 

なのでパンク修理のメンテは必須スキル

タイヤレバー、チューブは必ず

携帯するグッズとなります。

 

ただパンク修理をするグッズ、スキルがあっても

最後の空気入れがなかったらエアーを

入れれないので意味がありません。

 

CO2インフレーターを

持ち歩く人もいますが携帯ポンプも

需要が高いので今回は人気メーカーである

トピークの携帯ポンプについて書きます。


スポンサードリンク


変形タイプが入れやすい

携帯ポンプには大きく分けて2種類あり、

棒みたいな形のまま空気入れをする物、

変形しミニフロアポンプになる物があります。

 

変形しないタイプの方は

トピークのメーカー希望価格でも

1800~6500円と安いのが特長で、

小さくて場所を取らず軽いです。

 

レースロケットHP、マイクロロケット

ポケットロケットマスターブラスターなどです。

 

デメリットとしてはコツをつかまないと

空気を上手く入れれません。

 

例えばパッケージに7BARまで

入れれると書いてたので購入して、

いざ使ってみると硬くて上手く入れれず、

帰宅後に測ってみたら5barだったことも…

 

 

逆に変形するタイプは

メーカー希望価格で3800~1万円です。

 

変形するので空気を入れやすく

ロードモーフG、ターボモーフGは

圧力計付きなのが嬉しいです。

 

ただ長いので場所を取るので

邪魔くさい、取り付ける場所がないから

嫌いと言う人も多いんですよね~

 

特に走りを優先する場合は

変形タイプはどうかな~と思いますね、


スポンサードリンク


完成車の純正クソタイヤだと

パンクしまくりと言うこともありますが、

 

PRO4、コンチネンタルGP4000S、

エクステンザRR2Xのような

1本3000円以上のタイヤの場合は、

よほど運が悪かったり、悪路を走らない限り

5000キロ走って1度パンクするかどうか

それくらいの確率ですからね…

 

緊急用で自宅に帰れたら良いと

割り切るなら不要かもですね~

 

大きい方が入れやすい

携帯ポンプは長い方が

推奨空気圧まで楽にエアーを入れれます。

 

ただ長いと重いし、場所を取るので

ほどほどの長さを見つけないとですが(汗)

 

例えば変形タイプで高価な

トランスフォーマーRX、メガモーフは

携帯するのは厳しい大きさになります。

 

ターボモーフG、ロードモーフGなら

推奨空気圧まで入れれますし

圧力計付きなのでおススメです。

 

ロードモーフは長さは同じですが

圧力計がないのでやや安いです。

 

これがミニモーフになると

圧力計がない&短くなるので

空気を入れるのが大変になります。

 

ガチで長いです

う~ん、じゃあロードモーフGか

ターボモーフGにするかって感じでしょうが、

思った以上に長いので注意です。

 

・ミニモーフ 長さ260mm 170g
・ロードモーフ 長さ350mm 202g
・ロードモーフG 長さ350mm 220g
・ターボモーフG 長さ350mm 280g

35cmってけっこうな長さですよ。

 

なので取り付け場所が限られますし、

オルトリーブ、リクセンカウルのような

ビッグサイズのサドルバックですら

はみ出す可能性が高いです。

 

だとするとミニモーフ…って感じですが

これだと圧力計が付いてません。

 

またカタログ上は160psiまで入れれますが

だったらロードモーフG、ターボモーフGの

存在意義はなにって感じになりますから(汗)

 

携帯ポンプの●●psiまで入れれますは

信じないようにした方が良いです。

 

全然入らないじゃんって

パンク修理した後に気付いて

後の祭りって人は多いですから。

 

長くなったので続きは次の記事へ

⇒携帯ポンプ選び方5つのポイント


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ