トレック7.2FX、エスケープR3比較インプレ クロスバイク2016

トレック7.2FX

ジャイアントEscapeR3、トレック7.4FX

クロスバイクを買うならどっち?

このような悩みを持つ方は多いです。

 

私はトレックが好きなので5万円前後、

つまりクロスバイクの中で一番

初心者向けの自転車なら7.2FXを押します。

 

ただトレック7.2FXの

2016年モデルは65000円するので

人気のジャイアントEscapeR3より

定価で1万円高いです(R3は55000円)

 

トレック7.2FXが高いと言うよりは

ジャイアントEscapeR3が安いんですよね、

コスパ最強とも言われるメーカーなので(汗)

 

単純にコスパだけで選ぶなら

エスケープR3一択になるのですが、

人と同じメーカーは嫌と言う人も多く

ブランド力があるトレックも人気です。

 

そこで今回はジャイアントEscapeR3ではなく

7.2FXのインプレレビュー評価を行います。


スポンサードリンク


スペック

さっそく感想を紹介したい所ですが

その前に簡単な仕様を説明します。

 

【トレック7.2FX 2016年モデル】

・価格 65000円
・カラー 黒、青、赤、白
・変速数 前3段×後8段の24段変速
・タイヤ 35C
・フロントギア 48、38、28T
・リアギア 11-32T
・フレーム素材 アルミ

 

【ジャイアントEscapeR3 2016年モデル】

・価格 55000円
・カラー 黒、青、赤、白、黄
・変速数 前3段×後8段の24段変速
・タイヤ 28C
・フロントギア 48、38、28T
・リアギア 11-32T
・フレーム素材 アルミ

 

各メーカーの入門用クロスバイクは

前3段×後8段の24段変速が多く、

フロントギア構成が48、38、28T、

リアギアが11-32Tのモノが多いです。

 

なのでこの点はエスケープR3及び

他のメーカーと比較しても差はないです。

 

ちなみにロードバイクだと前が34×50T

リアスプロケが12-25Tが主流ですが、

クロスバイクはロードバイクとMTBの

中間的な自転車になるのでコンポは

マウンテンバイク寄りになります。

 

 

価格もエスケープR3には負けますが

他メーカーと比較するとそこまで差はなく

例えばスペシャライズドだとシラスが59000円

キャノンデールだとクイック5が6万円なので、

トレック7.2FXが割高と言うことはないです。

 

フレーム素材がアルミと言うのも定番で

もう少しランクが上のクロスバイクだと

アルミ+カーボンになりますが、

入門用モデルはフルアルミが主流です。

 

タイヤ幅は効いてる

クロスバイクの定番モデル

ジャイアントEscapeR3はタイヤが28C、

キャノンデールクイック5は32C

トレック7.2FXは35Cです。

 

コレはタイヤの横幅を意味して

数字が大きくなるほど太くなり、


スポンサードリンク


ロードバイクだと23Cと言う細いタイヤが

標準装備でついてることが多いです。

 

タイヤが太くなると抵抗が増えるので

走りに軽快さはなくなりますが

衝撃吸収性は良くなります。

 

なので悪く言えばタイヤが太い7.2FXは

走りが重いと言うことになりますが、

よく言えば乗り心地が良いと言えます。

 

まあタイヤに関しては後から

交換できますから問題はないです。

 

クランクの差を感じる

それとエスケープR3は

プロホイールのクランクが付いており、

トレック7.2FX、キャノンデールクイック5は

シマノM131が標準装備になってます。

 

個人的にはココがけっこう大きくて

7.2FXの方がフロントの変速性能が良く、

漕いだ感じのフィーリングが好きです。

 

おそらくクランク剛性もEscapeR3より

トレック7.2FXの方が上じゃないかな~と。

 

まあ初めてクロスバイクに乗るなら

ママチャリとの比較になるので

どちらにせよ感動モノだと思いますが(笑)

 

 

先ほどのタイヤが太いことによる

デメリットは細いのに交換すればOKですが、

クランクの交換となるとタイヤより

敷居が高くなるかな~と感じます。

 

BBを外すための工具を買えば

クランク交換も自分で出来ますが、

タイヤを外したことはあるけど

クランクを取ったことはないって人も多いので。

 

タイヤ交換も専用レバーが必要ですが

パンク修理のために遅かれ早かれ

自分で出来ないとダメなメンテに対して、

クランク交換は基本的にする頻度は

少ないメンテナンスになります。

 

乗ってる人が少ない

ぶっちゃけ単純な走行性能は

そこまでないんですよね、

ロードバイクとか見たら分かりますが

このくらいの価格差では

大きな性能差は付けれませんので。

 

なのでトレック7.2FXを選ぶ人の

一番大きな理由はブランド力でしょう。

 

ジャイアントは台湾メーカーなので

ブランド力がやや落ちますし、

乗ってる人が多いのも気になります。

 

自動車でもコスパ、燃費を考えたら

ホンダのフィットとかになりますが、

乗ってる人が多いので嫌って人もいます。

 

 

ジャイアントEscapeR3はコスパ最強なので

初めてのクロスバイクを少しでも

安く買いたい人はコレ一択、

なので乗ってる人も多い自転車です。

 

それがイヤだからトレック、

スペシャライズドなど買う人もいますので。

 

・価格
・タイヤの細さ
・クランク
・乗ってる人の多さ
・ブランド力
・見た目

 

細かいパーツを言い出したら

キリがありませんが比較して

大きな違いは上記の6点です。

 

安さ重視ならエスケープR3

そうじゃないならトレック7.2FX、

もしくは他メーカーで決まり…

と言いたいところですが

続きを書いたので必ず読んでください↓

⇒EscapeR3、トレック7.2FX 重量比較で評価

 


スポンサードリンク


合わせて読みたい記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ